成長しても使ってくれる

ベッド

たくさんの子どもを一箇所に眠らせることができる三段ベッドは、子どもが成長した後も使い続けることができます。しかし、子どもが思春期に入ると、こうした三段ベッドを使用し続けることに不満を抱くようになるものです。三段ベッドなどの多段ベッドは、プライバシーを守ることが難しいベッドです。例え同じ家の兄弟や姉妹といっても、思春期に入ると自分が眠っている姿を見られることは嫌がるものです。そこで多くの家庭では、成長した子どもに一人部屋を与えますが、そうなると今まで使っていた三段ベッドが使えなくなってしまいます。そういった状況になった時、便利に活用できるのが下段を分離できる三段ベッドです。ベッドの下の段にキャスターが付いており、任意に移動させることができるので、別の部屋を使う子どもも引き続き同じベッドを利用できるでしょう。

子どもの成長に合わせて使えるベッドとして、人気の三段ベッドといえば段ごとに分離ができるベッドです。下段を分離させられるだけでなく、三つの段を全て取り外し、それぞれシングルのベッドとして使用することもできるのです。軽量な木材で組み立てられる三段ベッドなので、誰でも負担なく簡単にシングルベッドへと分離させられるでしょう。最近の家庭では、広い子ども部屋にアコーディオンカーテンを設置し、カーテンで仕切ることでいつでも一人部屋として使わせられるところも多くあります。子どもが一人部屋を欲した時も、この分離ができる三段ベッドがあれば、費用を掛けずに一人部屋を与えることができるでしょう。