湿気を効率よく除去できる

眠る人

子どもに使わせる三段ベッドを選ぶ場合、通気性の高いベッドが最適です。子どもは大人に比べて基礎体温が高いので、寝ている間もたくさんの汗をかいてしまいます。通気性の低いベッドですと、マットレスに大量の湿気が吸収され、内部でカビやダニが繁殖してしまうのです。カビとダニは、アトピーやハウスシック症候群の原因ともなります。子どもの健康を考える上で、ベッドの通気性は非常に重要なのです。三段ベッドを販売しているサイトでは、通気性の高い木材ベッドを販売しています。木材には調湿性と呼ばれる機能が備わっています。空気中のたくさんの湿気を吸収し、空気が乾燥した場合に蓄えた湿気を放出する機能です。この木材の三段ベッドを用いれば、カビやダニのリスクを抑えられるので、子どもも健康的に生活できるでしょう。

木材で作られた三段ベッドの中でも、人気があるのがすのこ状に作られたベッドです。通常のベッドに比べ、すのこ状となっていることでマットレスの外へ湿気が逃げやすくなるため、通気性が非常に高いのです。どれだけ調湿性に優れた木材でも、吸収できる湿気には限りがあります。無制限に湿気を蓄えることはできないので、木材であればどのベッドでも湿気を除去できるとは限らないのです。すのこ状になった三段ベッドならば、湿気を外に逃がすことができるので、マットレスに湿気が溜まることを防げます。組み立ても楽であるため、多くの家庭ですのこ状の三段ベッドが選ばれているのです。